各種工具の特注品・オーダーメイド品を製造する長堀工業のQ&A

  • TOP
  • よくあるご質問・工具を安全にお使いいただくために

よくあるご質問・
工具を安全にお使いいただくために

各種工具の製造に関するQ&A

長堀工業が各種工具に関して、多く寄せられる質問にQ&A形式でお答えします。
特注品のご依頼や既製品のご購入時などに参考にしてください。
また、インパクトソケット・ナットランナーソケット・ドライバービット・トルクス®・トルクス プラス®工具をご使用になる際の注意点についても併せて紹介します。

工具に関するQ&A

6角形状の違いについて教えてください。
ボルト、ナットは6角、12角がありインパクトレンチ用、トルクレンチ用、ナットランナー用など、ツールや作業性に合わせて規格、製作しております。
  • SH6角。最もスタンダードな形状。
  • DH12角。二重六角(Double Hex)形状なので6角のボルト、ナットは入り易い。12角ボルト、ナット用やトルクレンチ用として使用されます。
  • XZN三重四角(Triple Square)。XZN規格の12角穴付ボルトは、欧州車で多用されています。
  • SF花型。六角対面を斜交いにして角部を広くしているのでボルト、ナットが入り易く、ナットランナー用として使用されます。インパクトレンチ用ではありません。
  • FLファスト リード。六角凹部の傾斜面取加工によりボルト、ナットが滑り込むようにソケットの中に入るので、ナットランナーを回転させながら使用できます。右回転(締結)用、左回転(弛め)用の面取りが可能です。


6角の他、3角、4角、5角、8角等の形状をはじめ締結物に合わせた形状の製作も可能ですので、お問い合わせください。

図面に書かれている「H」などの記号は、どんな意味ですか?
ソケットはそれぞれ形状が異なります。
一部例外を除き、英文で表記した際の先頭のアルファベットを取ったものが使用されています。
  • 六角(H)=Hexangular
  • 長さ(L)=Length
  • 四角(Sq)=Square
  • 径(φD)=Diameter
「サンブ」「ヨンブ」と呼んでいるのは何ですか?
インチサイズの通称です。
以下の表で呼び方をまとめましたのでご確認ください。
1インチのみ1を略して“インチ”と呼んでいます。
サイズ 通称 ミリメートル
1/8″ =1/8→1ブ イチブ 3.17mm
1/4″ =2/8→2ブ ニブ 6.35mm
3/8″ =3/8→3ブ サンブ 9.52mm
1/2″ =4/8→4ブ ヨンブ 12.7mm
5/8″ =5/8→5ブ ゴブ 15.9mm
3/4″ =6/8→6ブ ロクブ 19.0mm
1″ 1インチの1を略して インチ 25.4mm
ミリとインチを換算したいのですが?
当ホームページにミリ・インチ換算表をご用意しておりますので、ぜひご利用ください。
トルクが安定せず、困っています。
締め付けトルクには、測定方法によりばらつきが生じます。
また、ご使用のツールの種類(電動ナットランナーか、インパクト系レンチかなど)の選定、ソケットの仕様、ねじの種類等、様々な事柄が影響します。
動力源であるエアー圧や流量が安定しない場合には、配管回りから見直す必要も有ります。
弊社では、それら締付けに関するトータルコーディネーターとして、お客様と共に問題解決に取り組みます。
既製品と特殊品の違いは?
簡単に言うと既製品は耐久性、作業性、経済性などの平均点が高い製品です。
それに比べ、特殊品は「目的とする性能」を突出させている製品です。
特殊品はあくまでも特殊、できれば既製品で作業するに越したことはありません。
しかし作業環境や効率性の問題でどうしても特殊品が必要な場合は多々あります。
この時、お客様が最も重要視されている部分に特化させることで作業環境は格段に良くなり、当然のごとく貴社の製品に良い影響を与えます。
ハンド(手動用)ソケットは、インパクトレンチには使えますか?
ハンドソケットをインパクトレンチに装着して使用するのは、きわめて危険です。
高速回転するインパクトレンチから外れることがありますので、絶対に使用しないでください。
なお、インパクトソケットに比べて肉厚が薄いため、非常に割れやすくなっており、インパクトレンチの回転中に割れると、その破片によって思わぬ怪我をすることもあります。
また、インパクトレンチの打撃によって、表面のニッケルクロムメッキが剥がれることにより、その破片で手を切る恐れもあります。
したがって、インパクトレンチ・オイルパルスレンチ等の動力工具には、ハンドソケットの使用は適しません。
逆にインパクト用ソケットは、トルクレンチやラチェットハンドルに取り付けて、ハンドソケットの代替をすることは可能です。
インパクトソケットの表面処理である黒い塗料は?
黒染め(四三酸化鉄皮膜)もしくはリン酸マンガン処理を施しております。主に錆止めの役割があります。
さらに防錆油で表面を保護していますので、錆つかずに長期間にわたって保存できます。

サービスに関するQ&A

注文は小ロットでも受けてもらえますか?
当社は、小ロットからのご注文を受け付けているのが特徴です。
お客様のご要望を詳しくお伺いし、それぞれの現場に最適なツールをご提供します。
特注品の場合、発注数による価格の変動はありますか?
材料、加工内容、熱処理、仕上げの各工程は1点毎に段取りが違ってきます。
数量だけではなく、工程、納期等の諸条件と合わせて見積りを提示いたします。
ヒアリングの際に用意したほうがよいものはありますか?
可能であれば、現在ご利用中の工具をご用意ください。
問題点の発見や、オーダーメイドでの設計時のヒントになります。
具体的な工具の仕様が確定せず、要求が手探り状態なのですが、
問い合わせに対して相談に乗っていただけるでしょうか?
お問い合わせいただければ、お客様の起案や立ち上げ段階から、メーカーとして過去の事例、加工技術、機械設備、案を活用することで、お客様にご理解いただき、利便性のあるご提案が出来ると考えております。
不具合発生、現行改善の場合
メール(写真、図面添付)、FAX(図面添付)、現品の送付等により、不具合状況、改善内容をご連絡いただければ、図面、材質、熱処理加工、寸法、形状、提案等の対応を致します。
現在使用しているソケットを長持ちさせたいのですが?
ソケットは磨耗か破損のどちらかになれば交換となります。
使用トルクや相手ワーク・作業時の干渉物の有無など耐久性を下げる要素は様々ありますが、弊社では作業環境を細かくヒアリングすることで出来る限りの耐久性向上のご提案をさせていただきます。

工具を安全にお使いいただくために

WARNING工具使用時の警告
  • 作業を行う際は、保護メガネの着用を徹底してください。
  • 割れや欠け、摩耗、変形などの異変が認められた場合は、すぐにツールの交換を行ってください。
  • リングやピンなどは、ツールへ確実に固定したうえでご使用ください。
  • リングとピンは消耗品ですので、異常が認められた場合にはすぐに交換を行ってください。
CAUTION工具使用時の注意
  • ツールは本来の使用目的以外には使用しないでください。
  • 加熱や加工といった改造は、ソケットやビットの品質を著しく低下させる原因となりますので、おやめください。
  • ソケットやビットをご利用の際は、ボルトやナットのサイズに適合したものをご利用ください。
  • ソケットやビットは、ボルトやナットを完全に差し込んだ状態で回転させてください。
  • ソケットやビットの取り付け・交換は、動力源を確実に遮断したうえで行ってください。
  • ソケットやビットが回転しているときは、絶対に触らないでください。
  • ソケットやビットは、動力工具に取り付けて空回転をさせないでください。

ページトップ

Copyright © NAGAHORI Group, Japan All Rights Reserved.